ニコラ・フィアット(フランス シャンパーニュ) / シャンパン&スパークリングワイン

ニコラ・フィアット Nicolas Feuillatte

ニコラ・フィアット

『12年連続フランスNo.1シャンパーニュ 快進撃を続ける ニコラ・フィアット』

シャンパーニュ・メーカー《ニコラ・フィアット》は、1976年の創設からわずか30年余りで販売数量フランス国内№1、世界ベスト3とめざましい躍進を遂げたブランドです。伝統にとらわれない現代的で大胆なシャンパーニュ造りと優れたコスト・パフォーマンスにより、世界各国のホテル並びに高級レストラン、また近年ではエールフランスを始めとした数々の航空会社に搭載されるなど幅広い支持を獲得しています。

創始者ニコラ・フィアットの情熱

ニコラ・フィアットとは、創始者ニコラ・フィアットの名前をそのままブランド名にしたものです。伝統、歴史の深いシャンパーニュメーカーが多く存在する中で、唯一創始者が現存するメーカーでもあります。ニコラ・フィアットは18歳という若さにしてアメリカでビジネスを起こそうと決意。アメリカに渡った彼は、アメリカで初めてアフリカのコーヒー豆を輸入し大成功をおさめたフランス人企業家として有名になりました。
1960年に彼はシャンパーニュ地方ランスにおいて12haの畑を譲り受けました。これを機にアメリカより戻り、シャンパーニュへの情熱から1976年に独自のシャンパーニュブランド(レゼルヴ・パルティキュリエール=ブルーラベル)をつくろうと決意。常に一流のものを目指してきた彼は、他にはないエレガントなシャンパーニュをつくりたいと全ての想いを終結させました。

ジェットセッターが広めたシャンパーニュ

ブームの火付け役は、コーヒー豆ビジネスで得た人脈から得たアメリカのジェットセッター(プライベートジェットで、仕事やプライベートでも世界を飛び回る人々)。ニコラ・フィアットはビジネスパートナーであるジェットセッターに自らのシャンパーニュを仕事上のお礼としてプレゼントしていました。フレッシュでエレガントな味わいは、味覚に長けた彼らたちに大評判になり、訪れる先々でニコラ・フィアットは素晴らしいと薦められました。それがブームをよび、1978年には当時のフランスの大統領ヴァレリー・ジスカール・デスタンを迎える晩餐会が、ワシントンのナショナル・ギャラリーで開かれましが(ブランド誕生からわずか2年後のことです。)その時の公式シャンパーニュとして使われるなど、ニコラ・フィアットの名はあっという間にアメリカ、更にはアメリカから母国へと戻ったイギリス人の間でも広まっていきました。

シャンパーニュ地方最大級のブドウ生産者連合との出会い

1980年にはオーストラリアに輸出されるなど、輸出市場においても成功をしました。人気が高まったニコラ・フィアットは、12haの畑では需要に対応できないこともあり、その後1986年、事業拡大のためシャンパーニュ地方エペルネにある最大のブドウ生産者連合「センター・ヴィニコール」と手を組みました。現在はその最新の技術と伝統的なつくり手の知識と経験によりニコラ・フィアットのこだわりのシャンパーニュが生まれています。

豊富で質の高いブドウ供給

・協同組合会員 5,000生産者(シャンパーニュ全生産者の3人に1人の割合) ・ブドウ栽培面積 2,225ヘクタール(シャンパーニュ全体の7%にあたる) ・グランクリュ13/17、プルミエクリュ33/42、クリュ281/321の畑をもつ 全て契約栽培農家から良質なブドウを安定して供給。農家と組合が一体となってブドウ畑の息づかいを感じ、シャンパーニュへの情熱を共有しながら生産しています。

最新の近代的な醸造施設

・最大304,000ヘクトリットル分 のタンク(リザーヴワイン)貯蔵が可能 ・動瓶専用システム『ジャイロパレット』 480台を設備 ・ISO 22000 『食品安全リスクマネジメントシステム』を取得 (2007年取得 シャンパーニュではニコラ・フィアット社のみ)

作り手からのコメント

 ニコラ・フィアットの特徴は「フレッシュ」&「エレガンス」です。グランクリュを中心とした豊富なブドウ供給量、豊富なリザーヴワイン、最新の醸造設備により高品質で安定したシャンパーニュを生み出しています。

ワインノマド

CONTACT お問い合わせ 日本酒類販売株式会社
〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1  TEL03-3272-6767
 

















Pagetop

NIHON SHURUI HANBAI CO., LTD.